--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/07/30.Sun

ブログはじめます

今日は広島県を含む中国地方の梅雨明けが発表されました。

ところで、団塊の世代のリタイアが増えてセカンドライフという言葉や、田舎暮らしなどという言葉がマスコミ等で活字が躍っています。
私は団塊世代の少し後の生まれ、昭和27年生まれであと6年たてば「60歳をむかえ定年」となります。
文字通り第二の人生をどこで、どのように過ごそうかといろいろ考える時期にきています。
現在はサラリーマンで転勤族です。
暮らした地域は「船橋」「名古屋」「横浜」「仙台」「西宮」そして現在は「広島」に住んでいます。
<毎朝家内とウォーキングしているお気に入りの場所からの広島市内と瀬戸内の風景>
DSC00233.jpg
DSC00232.jpg

どこに住んでも日本という国は本当に良いところばかりでいわば住めば都のところばかりでした、しかし第二の人生を過ごす上でサラリーマンではなくなるので大きな都市に住む必要はないし、電車の混雑や人の多さにも飽きました。
私たち夫婦の共通しているところは、スキー・スノーボード・キャンプ・自転車(主にロード)などどちらかというとアウトドア派で、自然の中で過ごすことが好きです。
子供が学生の頃は家族でスキー場によくでかけましたが子供たちが社会人になって別々に住んでからはなかなかそれぞれのスケジュールが合いません。 <この写真は少し前の写真です。>
北海道スキー 019

家内と二人でとも思っているのですが、寄る年波で若い頃のように頻繁に出かけることは少なくなりましたがリタイアしたあともこれらのスポーツは続けてみたいと思っています。
ウインタースポーツをやる以上寒いところでの生活は苦にならないし、高原のさわやかさと共に、森の中で過ごすのが私たち夫婦の第二の人生を過ごすのに合っている(海ももちろん好きなので伊豆なども見て回りましたがいまひとつピンと来なかったことも高原地域に狙いを絞ろうとした理由の一つです。)なと確認し合い、それではどこに、ということになって那須、箱根、八ヶ岳のふもと等など情報を集め実際に考えてみました。
第二の人生とはいえ東京という場所を全く素通りするわけにいかず今後も東京中心に世の中は進むでしょうし、家族・親戚・友人などとの付き合いもなくなるわけではなく、また親は千葉県に居ることなどから東京からある程度アクセスの良い場所にしたいと思いました。
軽井沢は東京から新幹線で1時間とほんの少し、車でも2時間半ほどでアクセスでき、スキーなどのアウトドアスポーツももちろんできる「場所」だったので、私たちの第二の人生を過ごすのにさまざま条件が適合して、「良い。」 と決め候補地探しをはじめたのです。

そして土地を取得するのがいつになるのか、家を建設するのがいつになるのか今のところ目途はたっていないないのですがブログを書くことにより、目標と計画をわかりやすくし実行した足跡が残せると思ってこのたび思い立ってFC2ブログさんのお世話になることにしました。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。