--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/09/30.Sun

いよいよセンチュリーライド本番

いよいよセンチュリーライド本番スタートです。
先日の事前講座では朝3時には起きて準備をしなさいといわれていましたが、興奮も手伝って2時頃には目が覚めてしまいました。
ま、その分準備を念入りに行えばいいさと思っているけどさすがに朝の2時・3時では自分の動くスピードがいつもより遅い。
結局、ほとんど念入りとはいかずにスタート地点のカピオラニ公園へ。
5時よりセレモニー開始。 とにかく大勢の人がいるのでスタートの順番待ちが大変で私たちの出発は6時半頃となりました。
ライド出発2

無事トラブルもなくスタートでき、途中の20マイル、30マイル、40マイルと通過ポイント兼休憩ポイントを過ぎ絶景ポイントがいたるところに。
ライド途中2

ネットで配信された私たちの走行の様子。
パソコン画面をカメラに収めたもので少々写りが悪いです。
ライドE走行
で、私。
ライドM走行

そしてほぼ予定通り折返し地点に到着。
ライド折返

今年の天候は往路はくもり時々小雨、復路でようやく晴れてきたのですが折返し地点まではくもり時々小雨ですからそんなに体力も消耗せず水分も必要としない状態でした。
しかしその分海の色は期待はずれでした。

復路も予定通り走ることができましたが私の自転車が最後の休憩ポイントを過ぎ残りのフリーウェーに乗る前にパンク。
タイヤの状態をみると急激に空気は漏れていない様子。
チューブを取り替えるかえるか迷いましたがそのまま空気を入れて出発。
思ったとおりゴールのカピオラニ公園まで持ってくれました。
家内と二人手をつなぎ無事ゴール。
マイクで私たちの名前を呼んでくれていました。
100マイル(160km)を朝6時半に出発し、帰ってきたのは14時50分頃・約7時間20分かけて完走しました。  感激!(これも配信画像です)
ライドゴール

完走証も無事いただきました。

さあ、ホテルに帰って翌日ゆっくり過ごしたいから早めに愛車をきれいに掃除して箱詰めしなければ。
スポンサーサイト
自転車も好きです | Comments(0) | Trackback(0)
2007/09/29.Sat

ライド事前講座とハナウマ湾

今日は今中氏(日本の自転車競技会では第一人者)によるセンチュリーライド事前講座。
大半の人たちは自分の自転車を持ち込み(事前チェックなどもしてくれる)明日に迫ったセンチュリーライドに向けていろいろと質問していました。
私たちは自転車も持ち込まずほかの人たちの質問やその答えを聞いているだけにしました。 ここまできたらジタバタしてもはじまらない。

その後、ハナウマ湾へシュノーケリングに。
あまりハードに泳がず明日のためにリラックスして眠れるようにするくらいにしておきました。
ところでハナウマ湾にいる鳥たちはあつかましいというか人なつこいというか、座っている人たちがいるにもかかわらずお菓子などの食べ物の袋の中までくちばしを入れてきます。
最初は追い払うのもかわいそう、と思っていましたが余りのあつかましさについに声をあげて追い払うことになりました。
ハナウマ湾

そしてこの日の夕食は翌日のために炭水化物(持久力がつくらしい)をとるためイタリアンレストランのアランチーノへ。
ホノルルのイタリアンでは味でもさらにうれしいリーズナブルな価格でもピカイチだと思います。

さあ、明日は早起きして160km走りきるぞ。
自転車も好きです | Comments(0) | Trackback(0)
2007/09/28.Fri

何はともあれハワイへ

病気の心配はありますが何はともあれハワイへ出発。
会社を午前中で済ませ、広島から新幹線~はるかと乗り継ぎ、関西空港へ。
最近の航空便はJAL・ANA共同運航で極力コストを抑えています。
従ってシーズンオフのハワイ行きですが満席。

例によって日本時間では夜中の12時頃ですが食事が出てきて、数時間したら朝食がサービスされるというパターン。
できるだけ眠るようにしましたが残念ながら寝不足状態でホノルル空港到着。
入国審査、税関とテロ対策が強化され時間がかかりましたが無事ハワイ入り。
その後、センチュリーライド参加者は説明会のホテルへ移動、その後ゼッケン・通過ポイント確認用の足に巻きつけるマグネット?等を受け取りにまた別のホテルへ。
途中でそんなにお腹もすいてないが今食べないと夕食が食べられないと思い昼食をとることに。
チーズバーガインパラダイスにしました。 大きなバーガーなので一つを家内とシェアして簡単に終了。
その後、今回の宿泊場所クィーンカピオラニホテルへチェックイン。
部屋はなんと最上階のペントハウス。 旅行業者さんに?うまいこと?もぐりこませてもらいました?。
ベッドルームとリビングに別れバスルームも二つつき、ミニキッチンもついた部屋です。
そしてセンチュリーライド無事完走を祈りながら早速家内と自転車の組立。
2台を1時間半くらいで済ませました。
ハワイ組立

そしてこちらが家内の自転車。
ハワイ組立2

そして夕食の時間までホノルルにあるサイクルショップIsland Triathlon&Bikeに。
ハワイらしいバイクジャージや小物をゲット。

夕食はハワイ初日コストパフォーマンス優先でペリーズスモーギーへ。
一人10$弱で味はともかくお腹一杯食べられるのは捨てがたい。
アルコールは売っていないのでお店の前のABCでビールとワインを買って持ち込みOKです。
自転車も好きです | Comments(0) | Trackback(0)
2007/09/26.Wed

PET/CT検査

今日は予約したPET/CTの検査の日です。
ところでこの検査ができるのは広島では2ヶ所の病院だけだそうです。
高価な機械で、受診者もさばき切れないほど多くないことから広島の病院間で相互利用しているのだそうです。

以下はHPで検索したものです。
<PET-CT検診とは>
PET(Positron Emission Tomography)という特殊な検査とCTを組み合わせた最新の画像診断装置にて、がんを検出する方法です。比較的少ない身体的負担で全身のがんをスクリーニングできる、とても優れた方法です。ここで使われている検査薬FDGは身体の中に入ると、糖代謝の亢進している組織に集まっていきます。がん組織は通常の組織より数倍も糖を消費する性質がありますので、薬はがん組織に集まります。その薬の近傍から放出されるガンマ線を検出することで、がんを診断します。同時に行われるCTと画像を重ね合わせることで、その異常部位を正確に知ることができます。

<PETの安全性>
検査薬(FDG)は放射性医薬品です。これによる放射線被ばく線量は、人が一年間に自然界から受ける放射線量とほぼ同等であり、また通常行われている胃X線検査(胃透視)と比較しても、同等あるいはそれ以下の放射線量です。この線量で放射線障害がおきることはありません。(ただし、妊娠している方、授乳中の方のPET-CT検査は行っておりません。)

ということでやはりただならない病気に罹ってしまったようです。
ハワイへは晴れやかな気持ちでGO!。 とはいかないようです。
病気!?人生の転機 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/09/24.Mon

自転車梱包と送り出し

話が病気の検査のことから自転車の話題に戻りますが、ハワイで自分の自転車を走らせるためには自転車をある程度分解してJALの規定範囲内の箱に詰めて同じ飛行機で運びます。
ロードバイクというのはドロップハンドルで走りづらそうですが、実は走るためにできた自転車といってもいいほど機能的に考えられています。
また箱詰めも要領さえ押さえてやれば全く苦にならなく梱包できます。
かくして、約束の時間にヤマトの宅配のお兄さんがやってきて、関西空港までの配送をお願いしました。
この写真はホノルル空港に着いて主人の到着を待っている我が家の自転車の箱詰めされた様子。
皆さんこんな形で自転車を送ります。
ハワイ到着の自転車
自転車も好きです | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。