--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/30.Tue

第2回見積り

私どもの軽井沢の土地は町条例によって建蔽率20%、容積率20%という都会では考えられない厳しいものです。
しかしそれだけ町の自然や景観にこだわり、隣地・隣家との距離が保たれた静かな暮らしができるためのものなのです。

さて、建築プランについて検討を重ね、というか私どものほしいもの全て並べ立て建築面積も土地に定められた容積率20%目一杯の建物をフルスペック(冬季対応するための)でプランが出来上がってきています。
建築プランとしては満足のいくものなのですが問題は先立つものの関係で(老後の生活は年金頼み)できるだけローコストで建築したいのです。
で、出てきた2回目の見積りは...?
第2回見積

相変わらず1000万台の数字が私たちの思いと異なります。
ただし、前述したようにとにかく思ったものをそのままプランにしてあり、1階の床面積は前回と比べて格段に大きくなっているのです。
第2回見積プラン

建築費の大きな部分は基礎の値段が占めそれに伴って建物が大きい分、各建築項目の費用がアップしていきます。

建築会社さんから「少し小さくしましょう。」 とのご提案。
そうですね、少し頭を冷やして本当に必要なものと部屋の配置などを考えていきましょう。


スポンサーサイト
建設プラン | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。