--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/31.Sun

外壁用サイディング張り終了

09年5月30日

早いもので、来週からは6月。

外壁のレンガ用のサイディング張り作業が終わりました。
作業期間は、寒く雨降りの日が多かった期間で、ご苦労様でした。

#1
こんな感じのサイディングに、接着剤を付けたレンガを引っ掛け、外壁が出来上がっていくそうです。
レンガといっても、厚さ1cmほどのもので、一般的にイメージする「レンガを積む」のではなく、「レンガ素材の外壁材を張る」というべきかもしれませんが、外見はレンガで、塗り直しなどのメンテナンスは不要なはずです。

一方室内では、天井張り、電気配線などが進んでいます。
#2

#3

「職人さん」と呼ばれるように、それぞれの仕事にこだわりを持って、良いものを作り上げるよう取り組んでもらっています。

スポンサーサイト
建設現場レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/29.Fri

現場で打合せ...

09年5月28日

寒くて季節が逆戻りしたようで、そして雨の一日でした。
前日の夜、「レンガの色を決めたり、その他の事項を含め、決めたいので」と電話があり、イザットハウスの現場責任者のKさんと朝から打合せ。

まずレンガの色決めです。
#1
これでは分らないですよね。
で、実際3月に既設の建物を見学しており、「レッドリバー」か「オールドフランクリン」にしようと思っていました。
「レッドリバーはこんな感じ」
#2

「オールドフランクリンはこんな感じ」
#3

レッドリバーがレンガ色らしくて良かったのですが、時たま混ざる「黒」がきつく感じて、それに対し柔らかい感じのした「オールドフランクリン」に決めました。
果たして、軽井沢の雰囲気の中にとけこむでしょうか?

現場工事のほうでは、外では外壁のレンガ張り用のサウジングが張られ、中では天井張りが始まっており、大工さんはバンバン天井を張りをやっていき、電気屋さんは天井が張られては配線ができずで、大変な様子。
そして、室内階段が搬入されたりで、てんやわんや。

とは言うものの、電気屋さんには、照明などアバウトな位置しか示されておらず、また指示されたと思われた場所には実際には梁があったりで、電気屋さんと私どもとKさんとで現場を確認しながら照明などの位置を決めていきました。
しかし、メインのリビングの照明について再提案を出してもらうことにしてあったのに出てこないまま、配線が始まり、リビングについては保留とさせてもらいました。




建設現場レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/27.Wed

善光寺御開帳

5月末までだという、善光寺の御開帳に行ってみました。

まだ、山道です。
ラストウィークに入っているせいか、大勢の人たちが参拝に訪れています。
インフルエンザの影響を考え、マスク姿の人も多いですね。
#1

御柱を拝むための列に加わりました。
30~40分かかりそうだ、との周りの方々の声。
#2

しばらく行って、後ろを振り返ってみると、これまた大勢の人たちが同じように後続の列を作っています。
#3

いよいよ、前立ご本尊に近づいてきました。
#4

この綱が、ご本尊と繋がっているので、皆が御柱に触り、頭を下げ、参拝しているのです。
そしたら、係員の制止を振り切って横入りしてきた人たち4~5人が、、、周りの人から、「あんな人たちには、ご利益があるわけないじゃないか」の声。 同感。
#5

私たちも家族の健康と幸せ、軽井沢の家の無事竣工とその後の平穏な暮らしを御柱に触り、お祈りしてきました。
#6

そして、自宅にも御柱のミニチュアが。
7年後、また戴きに行かないと。
#7

駐車場の確保に各所を動き回りましたが、山門近くの、喫茶店兼画廊のお店が「2時間500円」で通年駐車場営業(ご開帳特需を狙っているわけじゃない、と納得して)しているところに停め、事なきを得て、無事参拝を済ますことができました。



未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/26.Tue

チェンソーの助けを借りました。

玉切りしたものの、大きく、硬く、節があったり、木の繊維が絡み合ったものは文字通り、全く、斧の歯が立ちません。
そこで、禁断?のチェンソーのお助けを借りることにしました。
最初は、「薪割りをしている」というプライドから玉切りしたものに、切込みを入れ、真っ二つにする役割は、あくまで斧に。
と、思って取り組んだのですが、それでも、ダメなものはダメで、最後は、二つに切り分ける作業をチェンソーに託しました。
#4
この画像を見て、なんとひ弱な、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、これから先、長い年月、薪ストーブのお世話になろうとしています。
無理は禁物、いろいろアイデアを考えながら、楽しんでいこうと思います。

節があったりするもの以外は、快調に薪割りが進みます。
#10

割った薪を、収納する「薪棚」を考えなければ!
#9

薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/26.Tue

24時間計画換気システム取付

09年5月25日

24時間計画換気システムの機器類が取り付けられました。

24時間計画換気とは、家の中の空気清浄、気流、温度などを一定に保ちながら室内の隅々まで均等に換気するようコントロールし、室内の汚れた空気を屋外へ排出し、替わりにいつでも新鮮な空気を供給できるようにするものです。
また室内で発生した湿気による結露やカビの発生を押さえ、住宅の寿命と、そして住んでいる人が健康で快適に過ごすため、高気密・高断熱住宅には不可欠の計画換気システムです。・・・ということのようです。

我が家では、ARUDEというメーカーの換気システムが導入されていました。
#1

本体の取り付け場所は、先日据え付けられたユニットバスの天井の上です。
#2

そして吸気、排気ダクトが付けられと、こんなに姿が変わってしまいました。
#3

効果を期待しましょう。
建設現場レポート | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。