--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/30.Wed

薪ストーブで秋の味覚

秋も深まり、紅く染まり始めている軽井沢です。
今、我が家の庭には栗が落ちています。

少し小ぶりなのですが、自然の恵み、拾い集めて焚いてみることに。
#1

40分くらい焚かなくてはならないので、どうせなら薪ストーブの上でジックリ焚いてみたいという理由でストーブを点火することに。
#4

#2
少し鍋が小さいですね。大き目の鍋が良かったかも...。 

そして、炊き上がりです。
#3
小ぶりながら正に栗の味、それも新鮮! おいしいです。

そしてもう一つ。
熾き火になったストーブの中の銀の包みは何でしょう?
#5

落ち葉を集めたときに、焼きイモにしようと考えていたおイモさんです。
予定を変更して、ぬれた新聞紙にくるみ更にアルミホイルで包み炉内に放り込んで15分、裏返しにして15分、、、出来上がりです。
#6

#7


ホクホクでとてもおいしいです。
焼きイモを食したのは、もう忘れたくらいに昔のことですが、本当においしい。
#8

自然の恵みと薪ストーブに感謝です。
スポンサーサイト
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(1) | Trackback(0)
2009/09/28.Mon

横浜で買物

先週末は、11月に結婚式を挙げる息子達と待ち合わせ、私達夫婦の貸衣装選びに横浜へ。

私はモーニング(礼服)、家内は留袖とオーソドックスないでたちを早々に決め、近くの東急ハンズ・横浜店へ。

薪ストーブで使えればと、パエリア鍋と鋳物製トリベット(鍋敷き)を購入。
#1

#3

テーブルが焦げないように、こんなふうに使うつもりです。
#4


この日は、娘の部屋で泊まり、
翌日は早々に軽井沢に帰るつもりでしたが、娘が行きたいというので一緒にIKEA・港北店(内心行ってみたい気持ちもありしめたと思い)に。

相変わらずの人の多さですが、実に時間の経つのを忘れるくらいに夢中で見て周り、これらの品物を購入。

食器棚の整理に。
#6

調味料入れ。
#7

コートハンガー。
#8

そして、この大きなダンボール詰めは何か?
#9

ダンボールのなかみとコートハンガーの出来上がりは後日に。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/26.Sat

薪ストーブ準備OK!

VC.アンコールを本焚きし始める前に、3~4回ほど慣らし焚きが必要なのですが、それも終わりました。

何故慣らし焚きするかというと、ストーブを一気に高温で焚くと鋳物同士にひずみや破損を起こす恐れがあり、慣らし運転で温度の上昇と冷却を繰り返し、鋳物と耐火セメントなどを馴染ませるために行わなければならない、ということなのです。

慣らし焚きの方法は、ダンパーを開け放しにし、空気調整レバーも全開のまま薪を燃やし、260度以下に保ったまま(260度以上になったら空気調整レバーで調節)薪が燃え尽きストーブが冷えるまでそのままにする作業を3~4回繰り返します。

この慣らし焚きをする事によってストーブの耐久性が増すということです。

新品を使い始める方は是非行うようにと説明書に書かれてもいます。

ということで、この慣らし焚きも終わって、準備OK。

この日は初めてダンパーを閉め、空気調整レバーで空気を絞り、アンコールをいわゆる二次燃焼(水平燃焼)の本焚き状態にしてみました。

#4

カタログにあるようなオーロラの炎とはいきませんが、ダンパーを閉めることによって静かな落ち着いた炎になります。

昔キャンプで使っていたケトルなどを置いてスチーマー代わりにしてみました。

#6

L.L.Beanのアウトレットで購入してきたラグも置いています。

#7

雰囲気が出てきます。

ストーブトップの温度は250度位でしょうか?薪の量が少ないようです。
本焚きでは300度前後で巡航運転させるようにしていきます。

#5

まだ9月ですし、これくらいにしときます。
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/24.Thu

シルバーウィーク

今朝の軽井沢、霧が立ち込めています。
#1


ところで、シルバーウィークと名付けられた今回の連休。(今年のようなラッキーな日並びは毎年はなく、次は確か6年後とニュースで言っていたような?)
天候も比較的安定していて、各地の高速道路そして軽井沢の幹線道路も、どこも大混雑していました。

そんな中を押して、我が家にも来客がありました。
夕食は「少し寒いかな?」と思いつつも、来訪者のリクエストのもありバーベキューに。

食後の歓談をする頃には、やはり少し寒くなってきて、バーベキュー・グリルに薪用の炊きつけ(建築の際の端材)を放り込みながら燃やして、焚き火のように火を囲みました。

#8

やはり火は暖かく、何故か人は皆火を見ると「和む」と言います。

それにしても写真を写すとここでもピースサインですね。
軽井沢生活レポート | Comments(2) | Trackback(0)
2009/09/20.Sun

リスさんもやってきます。

庭のヤマモミジの下にひまわりのタネを置いているのですが、毎朝リスとシジュウカラのバトルが繰り広げられています。

今朝はリスのほうが一足遅く、シジュウカラに大方食された後でしたが、落ちているタネなどでしばし食を満たしているようでした。

リスさんがエサ場に近づき、
#1

食べようとしたら、ほとんどシジュウカラに平らげられていて、
#2

失意の表情を浮かべながら、石ころの山に登って他にないかと探しているようでした。
#3
軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。