--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/29.Sun

薪ストーブで鶏のレバーと砂肝の生姜煮

今日は小さめのダッチオーブンを薪ストーブの天板に乗せて、鶏レバー、砂肝を生姜味で炊いてみました。

30~40分煮込む料理ですが、ガス代や電気代(IHの場合)のいらない薪ストーブで、お安い食材がおいしく出来上がります。

鶏レバーと砂肝は一口大に切って、酒、しょうゆ、みりん、砂糖、そして刻んだ生姜を多めに入れるだけです。
#1

ふたをして、弱火の状態を保ち、火の通り具合を見ながら30~40分乗せたままです。
(弱火の状態を作る方法は後に記載してあります。)
#2

そして、出来上がり!
小型のダッチオーブン(=サービングポットと呼ばれるもの)なのでそのまま、食卓に。
アウトドアみたいでお行儀が悪いかもしれませんが、温かい状態が保ててこのほうが良いのです。
#3

なじみの居酒屋のメニューに入っていたら、「必ず注文する」ような、お店に出してもおかしくない、とてもおいしい出来上がりです。

薪ストーブの熱と、それを伝えるダッチオーブンのおかげです。

そして、晩酌の量がいつもより多めになってしまうのは仕方のないことです。(自分への言い訳)

ところで、薪ストーブの天板料理は、吹きこぼして天板を汚したり、また逆に中々火が通らなかったりで、温度管理が難しいのですが、何度か試しているうちに、大体使用場所が分ってくると思います。

ちなみに、我が家のVCアンコールの場合、天板の位置とナベ敷きを使って、次のように使い分けています。

#c

「薪ストーブ遊び」楽しいですネ。



スポンサーサイト
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(0) | Trackback(0)
2009/11/21.Sat

ここもでイルミネーションの準備がされていました。

「最寄り駅」といっても、歩いて数分の所にあるわけではないのですが、とりあえず我が家から一番近い駅ということで、しなの鉄道の「信濃追分駅」を利用させてもらっています。

その信濃追分駅にもイルミネーションの準備がされていました。

#1

これだけ見ると、”行き過ぎ”の感もしないのではないのですが、目を引いたのは誰が作ったのか、木工のウサギやリス、鳥などのオブジェです。

#2

#3

軽井沢らしくて良いですね。

待合室の中の、ツリーとオブジェたちもかわいらしいです。

#4

軽井沢ウィンターフェスティバルが明日から始まり、イベントが開催され各地でイルミネーションが点灯されるのですが、ここ信濃追分駅のイルミネーションも22日から点灯なのでしょうか? 楽しみです。
軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2009/11/17.Tue

薪の移動

完成した薪棚に、野積みしていた薪を移動させました。

移動前の薪の野積み状況。

野積み(A)
家の北側のあまり陽が当らない場所ですが、6ヶ月くらい積んでいると、水分計で測ってみても適当に乾いています。
既に、ストーブに入れて試した薪もありましたが支障なく燃えていました。
#a

野積み(B)
東側に積んであるもので、7月頃に譲ってもらったものや、軽井沢の貯木場で頂いてきた、マツなどの針葉樹系のものです。
#b

野積み(C)
同じく東側です。
#c

以上が野積みの状況です。
完成した薪棚は南向きなので、今回は野積み(A)の薪を主に移動させました。

移動が2/3位終わりました。
手前は建築時の端材で焚付け用にしています。
#d

薪棚には南北2列に積みます。
これは北側(反対側)、当然こちらは陽が当たりませんが風が通れば乾きます。
向かって左側は、割るには細すぎるもので、円筒状のまま焚くものです。
#e

手が届く位置はこの辺まで。
薪移動はここまでにしておきました。
結果、野積み(A)は全て移動させ、野積み(C)の一部を移動させました。

結構入るものでした。
果たして、これで何日分なのだろうか?

一杯になった薪棚の前で、久々の薪割り。
#f
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(2) | Trackback(0)
2009/11/15.Sun

薪棚つくり 完成 (7)

枠組、塗装も終わり、いよいよ屋根用のポリカーボネートの波板を張りました。

霧が立ち込めてきたなか、急ぎ張り終えました。

#1

波板の長さ(1m51cm)とほぼ同じ長さに、垂木の幅を取ってしまい、軒下から見てポリカのデッパリの余裕があまり取れませんでした(ほんの1cmくらい)。

#2

それでも、 「薪棚の完成!」です。
(堺正章ふうに) それでは、ホシ いくつ頂けますでしょうか~。

#3

ジャーン ”★★☆”
ホシ二っつ! くらいのできばえか? (自分には甘い。)
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(0) | Trackback(0)
2009/11/13.Fri

薪棚つくり (6)

ウッドデッキの塗装用に使ったキシラデコールが残っていたので、これで薪棚を塗装しました。

#4

本当は、デッキを塗ったように組み上げ前に塗っておくと塗り残しはないのですが、組んだ後塗るとどうしても手の入りきらないところ、ブラシの届かないところが出て、塗れないところがあります。

#5

ま、良しとして、次は屋根のポリカーボネートの波板張りです。
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。