--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/06/30.Wed

残念!岡田JAPAN

大会前の評判とは打って変わって、日本中の応援を背に行われた、サッカーワールドカップ南アフリカ大会決勝トーナメント1回戦日本対パラグアイ戦。

寝不足の人、多かったのではないでしょうか?

軽井沢のとあるパブリックビューイングでも、人2名・犬1匹が一生懸命応援。

#1

試合は、0-0のまま、延長戦でも決着せず、PK戦となり3-5で惜敗!
夜1時を過ぎましたが、同じくテレビ観戦していた人は、視聴率57%とかなりな高率。

岳も寝られず、仕方なくお付き合い。 でした。

#2

岡田監督の株が上がり、代表メンバーのチームワークの良さが共感を呼んだWカップ南アフリカ大会の日本代表の戦いぶりでした。


スポンサーサイト
軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/29.Tue

キャンプ用のツーバーナー・ストーブで鶏もも肉のスモーク

梅雨空が続き、うっとうしい毎日です。
さすがに、もう薪ストーブは焚いていませんので、ストーブ料理がご無沙汰。

そこで、25~26年前に家族でキャンプをしていた頃に使っていた、コールマンのツーバーナー・ストーブで鶏のもも肉を簡単にスモークしてみました。

スキレットにアルミホイルを敷き、スモークチップを乗せておきます。
今日は「クルミ」のチップです。

#1

塩・コショーをしておいたもも肉を入れます。

#2

ツーバーナーの点火準備です。
加圧用のポンプを20~30回ポンピング。

#3

そして、バーナーにセットして点火。
コールマンのツーバーナーストーブは大分年季が入ってしまいましたが、快調に炎をだしてくれます。

#4

後は、もも肉を入れたスキレットを火にかけ、チップが燃え出したら、15分ほどで出来上がりのはずです。

#5

チップが燃え出し、煙が出ています。(画像では煙がモクモク出ているのが分りづらいです)

なぜ外で料理しているかというと、薪ストーブでやるときは、この煙を煙突が吸ってくれて室内には充満しませんが、薪ストーブを焚かないときは、室内が煙だらけとなり、私たちがスモークされてしまうからです。

キャンプしていた頃を懐かしみながらのアウトドア料理です。

#6

そろそろ15分たち、蓋を開けてみます。

#7
いい感じにスモークされ、照り具合も良いです。

皿に盛り付け、出来上がり。

#8

簡単スモークチキン。

15分間スモークしただけですが、しっかりスモークされ、もちろんジューシー。
マヨーネーズに七味をふりかけて食べるとおいしいです。







軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/22.Tue

コッカプーの岳、9ヶ月に。

我が家のヤンチャ坊主、岳が9ヶ月を迎えました。

体重は6.8kg。
1ヶ月前も同じ。
体重変化がなく、成犬体重になったのでしょうか。


朝食を前に「マテ」

#2

だんだん、猫背になって「早く食べたいヨ~」とアピール。

#3

岳の食事時間は、1分も持ちません。 あっという間にたいらげます。

食後は、ソファーの背もたれで一休み。 このまま寝てしまうことが多いです。

#4


少しずつヤンチャ振りが治まってはいるのですが...。

でも、岳とバトルを繰り広げることが多々あります。
コッカプー岳 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/06/15.Tue

岳も応援、岡田ジャパン。

関東甲信地方も梅雨入りしましたね。

そして昨夜は、いよいよワールドカップ南アフリカ大会の初戦、カメルーン戦。

我が家でも100インチのスクリーンを下ろして、応援の臨戦態勢。

長谷部とエトーの両キャプテンのコイントスで間もなくキックオフ。

#1

前半39分、松井からのクロスを本田がワントラップしてゴール。

#2

#3

大画面と南アの民族楽器ブブゼラの大音響で迫力満点。



そして後半、カメルーンの攻勢を見事にしのぎ、初戦1-0で勝利。

岳も深夜1時までお付き合いでした。

#4

お疲れ様。
ホームシアターも楽しんでいます | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/08.Tue

薪用原木の玉切り終了

4tトラック2台分の薪用原木が一杯積まれていましたが、何とか玉切りは終了。

今回もHusqvarnaのチェンソーは大活躍してくれました。
それと、昨年来からの学習効果や新たなツールを導入して、太く・大きく・重たい原木もガンガン切っていけたのが、今回の私の中の成果です。

というわけで、チェンソーの切り屑などを残し、あれだけあった原木もスッカリ片付きました。

#1

切ったものはというと、家の周囲に積まれ、薪になるのを待っている状態です。

#2

それにしても、直径40cmを超えるものもあり、VCアンコールには50cmの長さの薪まで入るというカタログデータですが、さすがにそこまでの長さではグレンスフォシュの斧でも割れそうにもありませんので、40cmから43cmくらいで切りそろえていきました。

#3

#4


さあ、次は薪割りです。
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。