--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/30.Sat

親ばか(2)

岳は1歳を過ぎ、身体の大きさの変化がなくなったので、冬用の服を購入しました。(今ある服は皆ツンツルテンになってしまって。)

#10

フードが付いています。

#11

着せるほうも、着せられるほうも、慣れていません。

#12

岳・・・「これって、ウットゥオーシー!」
父兄・・・「可愛い~」

このほかにも防寒コートやレインコートも購入して冬の散歩準備をしました。

やっぱり親ばか(2)。
スポンサーサイト
コッカプー岳 | Comments(3) | Trackback(0)
2010/10/28.Thu

「秋深し...」と思ったら初雪

家のモミジが色づきだし、秋の深まりを感じるこのごろでしたが、なんと昨日は雪。

昨年の初雪は、11/2だったので1週間ぐらい早いですね。

#1

降った量は昨年のほうが圧倒的に多かったようですが気温は昨年と同じくらいの零下2℃近くまで下がりました。
初雪の降りやすい気温なのでしょうか・

#2

モミジにもうっすらと雪が。

#3

ナゼカ?家内は家の中で見たほうが綺麗だからと、枝の先のほうをチョキンと。

#4

「秋深し」といえば、我が家の定番は、薪ストーブでの焼いも作り。

#11

大きなサツマイモも薪ストーブなら炉内に放り込んでおけば火力十分、丁度良い具合に焼かれておいしいです。

初雪、モミジ、焼いも作りと事欠きません。

軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2010/10/25.Mon

コッカプー・グッズ

我が家ではコッカプーの岳と一緒に暮らしています。

#6


コッカプーとは、アメリカンコッカースパニエルとトイプードルのMIX犬です。
一代MIXは病気も少なく、頭が良いと一般的に言われますが、コッカプーも同様で抜け毛や体臭が少なく、優秀な犬質(岳もそうであれば良いのですが...?)を持っているとされて、アメリカやヨーロッパでは、人気の犬種で登録件数が多いそうです。

またアメリカではゆくゆく公認犬種へ登録される動きがあるようです。
そのアメリカではコッカプーの公認クラブがいくつかあり、クラブサイトの例です。  クラブ①  クラブ②

日本での認知度は、というとまだまだですが仕方ありません。
したがって、今までコッカプーのグッズを目にしたことがありませんでした。

でしたが、先日ネットで偶然見つけ、思わず購入してしまいました。

「2011年コッカプーのカレンダー」です。

#11

アメリカのカレンダーです。
「COCKAPOO」と書くのですね。

#12

購入したのはこちらのマストという輸入ペットグッズショップ。

親バカが高じて きたぁ~

コッカプー岳 | Comments(4) | Trackback(0)
2010/10/23.Sat

薪ストーブでグラタン

紅葉が深まり、夕方陽が落ちると火がほしくなる軽井沢です。

と、そうなると楽しみは薪ストーブ料理。

昨日はグラタンを焼いてみました。

スキレットにグラタンの具材を入れ、7~8分焼くだけで簡単です。

ストーブ投入前です。
 
#1

炉内にスタンドを入れ焼き始め。

#2

良く分らないのでフラッシュをたいてもう一度写します。

#3

ハッキリはしますがフラッシュをたかない画像のほうが好きです。

あっという間に焼き終わり。

#4

熱いうちにいただきましょう。

#6


家内と二人には多い量でしたが、ほっこりおいしくいただきました。
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(2) | Trackback(0)
2010/10/20.Wed

フォレスト・レンジャー・ドッグ(略してFRD)訓練(1)

FRDの訓練がいよいよ始まりました。

場所は前回適性検査を受けた離山の未来フォーラム。

各ワンコ、緊張の面持ちで訓練の始まりを待ちます。

#1

先ず飼い主とのコミュニケーションのとり方を勉強します。

#3

うまく取れた?かのようです。

#2

次に、リードをグングン引っ張らないようにする訓練です。

岳は散歩のときなどリードを引っ張りゼイゼイ息を切らせています。
そして道に落ちている葉っぱ、木の端、木の実なんでも口に入れてしまうので、これらの行動が直ればよいのですが。

#4

後ろのワンコもそうですが、引っ張る子が多いのは岳ばかりでないと妙に安心。



次に、ツイテ(またはツケ、ヒールなど)と指示語を発し、飼い主のそばを静かに歩く訓練です。

#8

訓練士の先生はさすがで「ツイテ」など訓練のコツがあるようです。

#9

先生によると、「岳の反応は鋭く、要は飼い主(小生)の指示のタイミングがうまくかみ合えば、訓練の入り込みは早いですよ。」と、いわば訓練されなければならないのは小生のほう。

いずれにしても、今日だけの訓練で引っ張りグセが直り、「ツイテ」が出来るはずはなく、増してや二つの訓練を同時には行えないので、先ずは引っ張りグセを直すよう毎日根気強く、岳と私どもが行っていかなければなりません。  ガンバローゼ、岳!


そういえば、長野朝日放送のスタッフが取材に来ており、インタビューや訓練風景の撮影を行っていました。
ニュースになるのかな?
コッカプー岳 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。