--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/28.Sat

モロッコ料理を食す。

暖かったキャンプから一転、翌日は冷たい雨の降る、寒い日曜日となりました。
この日はこれまた娘がネットで見つけたモロッコ料理のお店にランチに行くことに。

モロッコ料理ってこれまで一度も食したことがなく全く想像がつかない。と言ったら、
娘がクスクスとかが有名だよ。
確かにクスクスは聞いたことがあるが出会ったことがないのは一緒で想像はついていない。

行ったのは、浅間サンラインから少し山側に入ったところにあるカフェ・ドゥ・モロッコ。
#20
良くぞこんなところにお店を造ったものだと思うくらい(失礼)の道を登っていきます。
おまけに案内看板もありません。

ところがお店に前に着くと、車がビッシリ。
モロッコ料理のお店なんて予約は要らないと思ったのは全くの私の先入観でした。

でしたが、運よくテーブルを調整してもらい席は確保してもらいました。
岳は車の中で留守番なので、待ち時間を留守番時間にプラスさせることはなさそうです。

店内はモロッコから取り寄せたものやモロッコをイメージさせる(もちろん行ったことはないのですが...)雑貨販売コーナーもあって家内と娘は早速物色に。
#21

肝心のランチメニューは4っつ。
そのうちから3点を選び3人で取り分けて戴くことに。
いずれの料理にもモロッコスープと食後の飲み物がついて2000円前後。

先ずモロッコスープが運ばれてきました。
#22
トマトベースにエスニック感たっぷりの野菜がたくさん入って、レモンを絞って、木のスプーンで戴きます。
この木のスプーンも販売コーナーで確か550円で売っていました。
生涯初のモロッコ料理。
日本人向けに調節してもらっているのだと思いますが、おいしい。

最初に登場したのはファラフェルというヒヨコ豆のコロッケ。
#23
こんな風にして、クレープみたいなまたは春巻きの皮みたいなものと言ったら良いのか?に、右側に添えられている何かのペーストを塗りその上に野菜、ファラフェル、ヨーグルトソースを塗ります。
#24
サクッとおいしい。
そして奥に写っているのは次に運ばれたモロッコオムレツ。

タジン鍋にタマゴを溶いて、運ばれてきました。
ケフタというラムの肉団子を追加で入れてもらっています。
#25
パンと一緒に食べます。
日本のオムレツより香味野菜が効いていて、オムレツというよりシチューにタマゴが溶かれている感じ。

そして、これは私でも聞いたことのあるクスクス。
#25
「野菜と混ぜてお食べください。」の一言で即、混ぜ、食してしまい、画像はこれだけ。
クスクスがグチャグチャに。
何でもクスクスとは世界最小のパスタであるとのこと。
知りませんでした。
鶏肉、ジャガイモ、たまねぎ、にんじん、なすなどが付け合わされて運ばれてきたのですが画像がないと分かりませんね。

そして最後の飲み物はモロッココーヒー、紅茶、ザクロのジュースから1品選びます。
3人とも迷わずコーヒーに。
#26
カップの底1/5ほどのところに超濃そうなエスプレッソが入っています。
砂糖サーブ用のつまみが可愛いと娘が一緒に写しました。

熱いミルクをたっぷり入れて飲みます。
#27
これは普通のミルクコーヒーか?
モロッコ感をかもし出したのは、器と超エスプレッソ、自分で注ぐミルク。 これで異国感たっぷりです。

娘のおかげでモロッコ料理、貴重な体験をいたしました。
味はとにかく日本人向けに優しくしているのでいずれもおいしく、そして結構おなかもいっぱいになりました。
私たち二人ではおそらく行くことがなかったお店でした。

スポンサーサイト
軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/24.Tue

北軽井沢スウィートグラスへ

気温が上昇した先週、金曜日の勤めを休んで娘がやって来ました。
目的は娘の発案で群馬県長野原町北軽井沢にあるスウィートグラスに岳と一緒に1泊キャンプに行くことです。

キャンプといっても岳も一緒に入室可のコテージでの寝泊りですが、キャンプと呼ばれる行為は実に27~28年ぶりくらいか?#1
north2[1]

軽井沢から近いとはいえ、車移動で窮屈だったので、先ずは広々としたドッグランで身体をほぐすことに。(ボール遊びが好きです。)
#2
娘と久々の対面なので岳は「楽しそー。」
#3

夕食はコテージでバーベキュー。
火の管理と焼くのは私の担当。
#4
最近の炭は着火が楽です。
ところで、このバーベキューグリルもコテージに備え付けで便利です。
#5
おいしそうに焼けてきました。
ビールと白ワインを3人であっという間に空にし、赤ワインは私が一人で飲んでいたとのことですが覚えていません。

岳はドッグランで気持ちよく走ったので、室内ではマッタリです。
#6
初めての場所で戸惑っていたのかもしれませんが、夜は静かに就寝できました(時々物音にビクッと起き上がったり、うなり声をあげてはいたようです)。

翌朝。
昨夜のワインが効いているのか少し頭がすっきりしませんが、朝の散歩に。
#7
浅間山の見える角度がいつもと違いますね。
#8

朝食を済ませ、チェックアウトまでの時間、昨日廻れなかった場内の散策に。
#9
年齢を忘れて家内と娘はブランコ遊び?
#9
場内に小川が流れていて一本橋が何本もかかっています。
#10
暖かなので、水遊びもうれしいです。
#11

ということで、室内を片付け、チェックアウトの後家路に。
車の中、ブスッーとした顔に見えます。
#12
暖かく晴天の1泊キャンプは爽やかで楽しかったのですが、
岳にとっては、お疲れ?
軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。