--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/06/29.Sun

岳と孫の微妙な距離感

孫がやってきて一番戸惑うのは岳の存在の様です。
一方、岳も孫が来るといつもと勝手が違い戸惑っている様子。

一緒に散歩に行っても...
岳と政地1
岳と政地2
食事のときも...
岳と政地3
お互い微妙な距離感を維持したままでした。

孫の目線と同じくらいの体高の岳、そして二足歩行などしようものなら孫の目線を超えてしまう。
距離感が縮じまるにはもう少し時間が必要なようです。

帰宅した後、ママに「岳、怖い~!」と言ったとのことでした。

スポンサーサイト
コッカプー岳 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/26.Thu

豆台風がやってきたぁ~!

2才になる孫がやってきた。
軽井沢で楽しみにしていることを聞くと、昨夏おもちゃ王国に行ったことを覚えていて、今回も行くことに。
おもちゃ王国1
車の中ではぐっすり寝ていましたが、おもちゃ王国に着くとテンションが上がってウキウキ。

一緒にいるのは息子。
おもちゃ王国2
二人目が妊娠し、奥さんつわりで少しでも家事から離れさせ、身体を静養させるのも来軽目的の一つとのこと。

湯川で川遊びも。

湯川渓流は今年の大雪のせいなのか倒木などで昨夏より荒れた感じでした。

私たちにとっては久しぶりの孫との楽しい三日間でした。
ただし、豆台風が去ったあとは気疲れもあったのか疲れがどっと出てしまいます。
軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/21.Sat

スズメバチ巣退治

ウッドデッキの塗装中2階の軒下を見ると、じょうごか徳利を逆さにしたような形の見慣れぬ異物が...!?
しばらく様子を見ているとハチらしきものが出入りしている。
ネットで調べてみると下の画像のような形!
ネットの画像(※ネットでお借りした画像です。)
コガタスズメバチの巣らしい。
これは大変。
スズメバチは凶暴で刺されると死に至ることもあり怖い。

町では除去してくれないようなので駆除業者の情報を見てみると駆除料金は15,000円位らしい。
遠目では、まだにぎりこぶし位の大きさで、働き蜂も頻繁に飛んでいないので、意を決し自分でとってみることに。

ハチたちの活動が終わった夜中の駆除が一般的らしいが、夜中ではこちらの目が効かず屋根上では却って怖いので夕方6時ころに行動開始。

スズメバチに刺されるのは嫌なので、暑いけれどジーンズ地の上下を着て、その上からレインウェアを着用し、顔周りは防虫ネットという出で立ち。(業者さんたちは上下白の防御服、顔周りは宇宙飛行士のようなヘルメット姿。 原発の作業員のような出で立ちで作業するそうです。)
ハチの巣退治1
相変わらずへっぴり腰なハシゴの作業。

1階の屋根上に到着。
スズメバチの姿は今のところ見えません。
ハチの巣退治2
巣の拡大画像。
ハチの巣退治3
ネットの画像より明らかに小振りな大きさ。

下側の徳利の口みたいなところが出入り口。
そこ目がけてスズメバチ撃退用スプレーを噴出。
そして素早く巣をかき取る。
ハチの巣退治4
と、下の家内から「ハチが行ったわよ~!」の声。
「スワッ!巣に異変発生」とばかりに急いで戻ってきたようだ。
耳元でハチの飛び回る音が怖いが作業を進めスズメバチの巣の処理終了。

手の届く範囲にこれはアシナガバチと思われる巣もあり、そちらも一気に処理。
ハチの巣退治5-tile

決死のハチの巣退治無事終了!

翌朝、戦果確認。
巣にいたと思われるスズメバチ。
ハチの巣退治8
ハチの巣退治9
ハチの子の姿も確認できました。

これはおまけのアシナガバチの巣。
ハチの巣退治10

できたらハチの巣退治なんてやりたくありません。
軽井沢生活レポート | Comments(2) | Trackback(0)
2014/06/18.Wed

デッキ再塗装

二日間晴れ間が続く天気予報を見て家内とデッキの再塗装を行った。
デッキ塗装1
毎年行っているので手際は心得ている。

塗装一日目は手すりの縦部分などを一本一本塗り終えている。
そして二日目。
デッキ塗装2
家内は画面手間側から、私は奥側から。

手持無沙汰の岳。
デッキ塗装3

終了。
デッキ塗装4
梅雨の合間、雨に降られず塗り終えることができました。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/04.Wed

薪の材料をいただきました。

知り合いから「ニセアカシア2本とヤマザクラ1本倒すのだけど要る?」と電話が入り「要る!」と即答。
伐採現場は比較的近く軽のワンボックスで何回か往復したら片付きそうと軽く考えていました。

ニセアカシア1本目
薪材1

ニセアカシア2本目
薪材2

ヤマザクラ1本分
薪材3

画像ではどれも同じようですが直径40∼50㎝のモノで一人で運ぶには重く特にサクラは重たく苦労しました。
1本運ぶのに平均2.5往復かかり電話を受けた時は随分軽く考えていたなと......。

受けたからにはと自分なりにガンバって、ほぼ一日がかりで無事搬入終了しホッと一息。
これで何日分かの薪として我が家を暖めてくれるはずで有難いことです。


ところで今年になって割った薪はこんな形で積んでみました。
薪材4
薪材5
直径2.4m、高さ1.5m位、そう、コロシアム状に積んだのでした。
薪材6
こんなのが4山そそり立ち異様かも?
薪ストーブや薪づくりのこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。