--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/11/22.Fri

”Paul McCartneyジャパンツアー”行ってきました!

Beatlesは、
ポールマッカトニー5
小学生の頃叔母から初めてをモノラルレコードプレーヤーで聞かせてもらって以来彼らの楽曲はレコード、カセットテープ、MD、CD、iPod等々媒体は変わってきても半世紀以上私の音楽を聴くという趣味のベースになってきていた。

そんなBeatlesのPaul McCartneyの歌声を生で聴けるなんてことはないと思っていたのですが思いもよらずその生ライブを聴くことができて大感激この上ない。
ポールマッカートニーツアー

岳には悪いがまたホテルに預けそそくさと東京ドームへ。
ポールマッカトニー1
すでに大勢の人が入場の列を作っていました。

おどろいたことに会場内は動画とフラッシュ撮影以外は撮影可。
サザンのときは神経質なほどカメラ撮影を禁止していたけど対応の違いに最初は戸惑うが、それではと会場内の雰囲気を数枚。
ポールマッカトニー2
谷村新司などお顔をテレビで見たことのある人たちも係員に先導され静々と席についていきました。

ポールマッカトニー3
私たちの席は一塁側ダッグアウトの上前から9列目と野球を観戦するなら十分な席ですが、ステージ上のポールは5cmほどの高さにしか見えません。

それでもコンサートがスタートしたらポールの昔と変わらぬ歌声に魅了される。
ポールマッカトニー4
11年ぶり「トーキョー、タダイマ~!」と日本語であいさつ。
71歳のポールは東京ドームでの最年長公演記録らしい。

「フクシマノタメニ」とLet it beが演奏されるなど様々な人への想いが選曲に表れBeatles、Wings、新アルバムからの曲など全39曲(数えたわけでなく後からネットでみて)十分堪能できて忘れられないひと時となりました。
スポンサーサイト
軽井沢生活レポート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。